海外旅行でネットが使えて便利!モバイルWi-Fiルーターのレンタル


最近はネットやスマホのアプリなどで色んなことが調べられるので、本当に便利ですよね!
私も普段から、通勤途中の電車の中ではiphoneでネットのニュースを見たり、facebookやtwitter、ブログを見たり、初めて行くお店や観光地へのアクセスはgoogleマップで調べたり・・・とスマホは手放せません!もうちょっとしたスマホ依存症です(^^;)

海外に行った時もやっぱり日本と同じようにネット使いたいですよね!いや、使えないと困る!笑
公共の無料Wi-Fiスポットが使えるところはそれを使えばいいですが、どこでも使える訳ではありません。
どこでもネットが使えるように、私が実際に海外で利用したサービスを2つ(WiFiレンタルと携帯会社海外パケット定額)ご紹介します。

-もくじ-
海外Wi-Fiルーターのレンタルを利用する
各携帯会社の海外パケット定額を利用する
Wi-Fiレンタルと携帯会社の海外パケット定額を比較してみる
wifiルーター本体と付属品
Wi-Fiルーターをレンタルした時に気をつけたいこと

海外Wi-Fiルーターのレンタルを利用する

「Wi-Fiルーター」と呼ばれる通信機器をレンタルして海外に持っていくことで、どこでもインターネットを使えるようになります。

wifi-img

料金

気になる料金ですが、1日あたりの定額制で渡航国別に料金が設定されています。
例えば、オーストラリアは1日あたり770円、アメリカだったら880円、という感じです。
(レンタル業者や利用する時期(割引キャンペーンがあるとか)などにより料金はいろいろです)

例えばオーストラリア 10日間の旅行の場合、@770 x 10日= 7,700円 ということになりますね。
定額制なので、毎日使っても、逆に全く使わなくても料金は同じということになりますね。

その他に、オプション(別料金)で補償や予備バッテリーなどを付けることができます。

受取りや返却する場所

国内の主要空港(成田空港や羽田空港、関西国際空港、中部国際空港)など、wifiレンタル会社のカウンターがあるところなら空港で受取り・返却が可能です。
または、宅配での受取りや渡航先での受取りもできる場合もあるようです!すごい、便利ですね~

レンタル業社を選ぶ

Wi-Fiレンタル業社はたくさんあり、料金や利用できる対象国などもさまざまです。
比較サイトなどを参考に、自分にあったレンタル業社を探してみるといいですね。

海外Wi-Fiレンタル徹底比較

旅行会社でもレンタルできる

ちなみに、H.I.S.などの旅行会社でもWi-Fiレンタルしているみたいですね。
ツアーを利用する場合などは、割引とかもあるかもしれないので一緒に申し込むといいかも?

各携帯会社の海外パケット定額を利用する

Wi-Fiルーターをレンタルしなくても、国内の携帯電話各社のパケット定額プランを利用することで海外でもインターネットが利用できます。

mobile-hikaku

申し込みは不要

海外パケット定額のサービスを利用するのに、特別な申し込みは不要です。
渡航先で定額対象の事業者(現地電話会社)に接続するだけで、定額サービスが利用できます。
利用したデータ量によって、1,980/日または2,980円/日が適用されます。
(各社によって条件が異なります。定額対象事業者や接続方法などについては各社のサイトを確認してみてください。)

私は昨年ハワイに行った時に、SoftBankのパケットし放題でネットを利用していました。
10日間滞在していたのですが、毎日使うと2~3万円かかってしまうので2,3日に1回使う程度におさえてました。
旅行の後携帯の請求書を見たら、やっぱり2万円ほど(日本での基本料・パケット代も含め)かかってしまいましたけど。

Wi-Fiレンタルと携帯会社の海外パケット定額を比較してみる

hikaku

料金で比較してみると、Wi-Fiレンタルの方が圧倒的に安い感じがしますね。
一人で利用するのはもちろんですが、もし友人や家族など旅行に行くグループで1台レンタルするとなると、880円を人数で折半するわけですから一人あたりはもっと安くなります。

逆にWi-Fiレンタルのデメリットはなんでしょう?
私が使ってみて思ったのは、Wi-Fiルーターの充電のもちが悪いということですね。商品にもよるかと思いますが、私がレンタルしたものは電源を入れっぱなしにしていると4~5時間ぐらいで充電が無くなってしまいました。
ネットを使う時だけ電源を入れて、使わない時には電源OFFにすればいいのでしょうが、例えば現地の友達と連絡を取り合うのにLINEを使うなんて場合はいちいちWi-Fiルーターの電源を入れたり消したりは結構面倒でした。

また、オプションでルーター用の充電バッテリーを借りたので、ルーター・充電バッテリー・2つをつなぐUSBケーブルなど付属機器を持ち歩くことになり、ちょっとした荷物(?)でした・・・笑。
その点、携帯電話会社のパケット定額はそういった機器類を持ち歩いたり充電の心配をしなくていいのは楽かもしれないですね。

あとは、毎日はネット使わないよ~って人とかの場合も携帯電話会社のパケット定額の方が安く済む場合もありますよね。
例えば、ハワイ10日間の旅行であれば、Wi-Fiレンタルだと@880円x10日=8,800円ですが、パケット定額の利用で10日間のうち2日しかネットを使わなかった場合なら5,960円(2,980円x2日)ということになるわけです。

利用する頻度や用途によって、どちらを使えばいいのか選ぶといいですね。

wifiルーター本体と付属品

これは実際に私がwifiルーターをレンタルしたものです。

wifi-image

① WiFiルーター本体

電源を入れるとWiFiが利用できます。最初に使う時は、スマホやタブレットなどの使用端末でWiFi本体のPWを入力すると使えるようになります。

② WiFiルーター本体の充電用アダプタ

①と②をつないで、コンセントにさすと充電ができます。電源プラグの形が日本と違う国へ行く場合は、別途、渡航国に合う変換プラグが必要です。

③ 携帯用予備バッテリー(※オプション)

私が利用したグローバルWiFiでは、携帯用の予備バッテリーはオプションだったので、別途料金を支払いました。1日あたり200円だったと思います。携帯用予備バッテリー自体も充電しておく必要がありますので、コンセントがある場所で④のケーブルを使って充電します。

④ 携帯用予備バッテリー用のUSBケーブル(※オプションの付属品)

①WiFiルーター本体と③携帯用予備バッテリーをつなぐことで、外出先でもWiFiルーター本体の充電ができます。

Wi-Fiルーターをレンタルした時に気をつけたいこと

私はオーストラリアに行った際、GLOBAL WiFi(グローバルWIFI)を利用しました。
その時にちょっとしたトラブルがありました・・・(^^;)
事前に予約をして空港で受取りまではスムーズにできて、特に問題はなかったのですが。

現地に着いて、さぁ!使うぞ!っていうときにネットが繋がりませんでした(涙)
設定自体は、Wi-Fiルーターの電源を入れて、iphoneでWi-FiをONにして該当するWi-Fiを選び、ルーターと一緒にもらったPWを入れるだけと簡単なんですが、なぜかつながらず~~結局グローバルWiFiのサポートセンターに問い合わせをしました。

その時に言われたのが、

「申し込み渡航国以外で接続してしまうと、渡航国で利用出来なくなる場合や高額請求が課せられる場合があります」

ということ!! そうです、日本国内でも接続してはダメなのです。(もちろんルーターと一緒にそういった説明書きもあったのですが、ちゃんと読んでませんでした。)

とは言っても、
「私は日本で接続した記憶は無いんですが、なんかそう言われると電源は入れたりはしたかも・・・?」
って伝えると、

「じゃあそれで繋がらない可能性があります。その場合お客様の責任なので、利用出来なくても返金は致しません」と。
うわぁ~なんて冷たい対応!!設定がどうなっているかの確認などは一切せずに、もうそれが原因です!と言わんばかりに・・・

使えないなんて納得できない!!と思った私はそこであきらめず、説明書を読みながらアレやコレやと自分で(というか、現地でお世話になった友達が・・笑)設定を確認していき、結局は無事に繋がりましたけどね。私の場合は、日本で電源入れた入れないは関係なく、ログインIDに余計なスペースが入っていたのが原因でした。
サポートセンターの対応は、ちょっと雑だったなぁって思います。

ここで反省したこと---電源を入れる前に必ず注意書きや説明書をしっかり読むべし!!!

レンタルする会社によって、いろいろ利用条件や注意点があるかと思いますので、使う前にちゃんと確認した方がいいですね。ま、確かにちっさい字で細かく書いてある説明書って読むのめんどくさいんですけど(笑)

そんな感じで初日にちょっとバタつきましたが、その後は快適にネットを使えたのでWi-Fiレンタルして行って、とっても便利でしたよ~また海外に行く時は、WiFiレンタルしていきたいと思います!